第三回:Googleマイビジネスについて(MEO対策)

『Googleマイビジネス(MEO対策)』をご存知でしょうか。

すでに登録されている方も多いかもしれません。

Googleマイビジネスとは、GoogleマップやGoogle検索のユーザーに対して、
店舗・企業の住所や電話番号や営業時間などを伝えることができるサービスです。

Googleで検索した際に、下記の様な部分をよく目にするかと思います。

こちらの場合、店舗名や会社名がわかっていて、
固有名詞で検索した際に画面右側に表示されます。
この部分をナレッジパネルといいます。
ナレッジパネルには、住所・電話番号・営業時間などの基本情報を掲載できる他、
ユーザーから口コミを投稿してもらって、店舗・企業の魅力を伝えることができたり
キャンペーン情報や新商品情報・クーポンなどで
お店・会社のアピールができるので、集客効果アップが見込めます。
またナレッジパネルは、ある程度の情報を得ることができるので
検索結果よりも注目されることもあるのです。

固有名詞で検索した場合の『ナレッジパネル』のご説明をさせて頂きましたが、
もう1つGoogleマイビジネスに登録すると『業種名』や『キーワード』で検索した際に、
位置情報に基づき現在地の近いものから表示されるパターンもあります。

例えば、多肉植物 通販で検索した場合、

上からGoogleマイビジネスの登録情報(Googleマップ)・検索結果という順番で表示されます。

Googleマイビジネスの情報は、
検索結果よりも上位に表示される可能性が高いので、必然的に目に入りやすくなります。
そこから、クリックすると詳細情報が表示されるので、
ユーザーに情報を簡単に伝えることができます。

また、タイトルにも出てきましたが、MEO対策とも言います。
検索順位を決める検索エンジンがあるように、
Googleマップにも検索順位を決めるマップのエンジンがあります。
こちらをMEOといいます。
MEOは、Map Engine Optimizationの略で、
Googleマップに対するマップ検索エンジン最適化の事を表します。

MEO対策を行うことで、地域名を含む検索で上位表示させる可能性があり、
SEO対策を凌ぐ集客力を発揮することもあります。

Googleマイビジネスをしっかりと活用するだけで、
集客効果を上げることができると言いましたが、
具体的には、定期的に更新し情報発信されている飲食店さんなどでは、
なんと月間10000回以上のアクセスがあったり、
電話予約やお店までのナビ数を合わせて平均100件ほどの結果が得られているそうです。

まだ、ご登録されていない方は、是非この機会にご登録してみて下さい。

ご登録代行のお申込は、下記からお願い致します。(無料)
お申し込みは問い合わせフォームから

最後に…
今回は、Googleマイビジネスについての情報をご紹介しました。
Googleサービス上での存在をアピールすることができ、
ユーザー心理の把握にも役立てることができます。
現在では、投稿機能や他サービスとの連携なども進み、ユーザー利用が増えているので、
まだの方は、無料で取り組めるので、ぜひ活用頂きたいです。