【神戸市北区 有料老人ホーム】ハーモニアス谷上 施設長 中西宏氏

ハーモニアス谷上平成26年12月1日 10時~
兵庫県神戸市北区 介護付有料老人ホームハーモニ アス谷上にて

まず初めに、施設の運営に携わられたきっかけを教えて頂けますか。

15年前、元気だとばかり思っていた父が、突然、癌宣告を受け、2年弱の闘病生活の後、他界しました。「毎日をいかによく生きるか」という命題に向き合い続けた日々でした。父の場合は寿命を告げられたのですが、誰もが「あと何年」と言われないだけで、確実に老いの道を歩んでいます。

「年をとっても安心して、楽しく毎日を過ごしたい」

ハーモニアス谷上これは、すべての人の願いだと思います。当時はまだ、「家族が介護するのが当たり前」という風潮が残存していましたが、自分自身が介護を経験してみて、家族だけで介護を引き受けることの難しさを痛感しました。家族が全部背負いこんでしまい、疲れきってしまったなら、大切であるはずの人に対して笑顔でやさしく接することができなくなってしまいます。家族のしんどさを理解し、分け合う存在は必要です。できることなら自分で引き受けたい、でもできない、という家族の思いをしっかり受け止め、「ここなら安心して任せられる」「ここに入ってもらってよかった」、と思っていただける、そんな施設を作りたい、第二の我が家、第二の家族になりたい、そう願ってハーモニアス谷上を立ち上げました。

開設して10年を超える運営の中で、特に印象に残る出来事を教えて頂けますか。

≪十五夜の想い出≫

十五夜の夕べ、ご入居のTさんと食堂の窓から、まんまるい月が昇っていくのをじっと見つめていたことがありました。当時、体力が落ちてベッドから起き上がれなくなっていたTさん、この年を越せるかどうか、と言われていました。「きれいですねえ」と声をかけると、「本当にきれいやねえ」と、応えてくださったTさんの穏やかなお顔は、厳かにさえ感じられました。「来年も一緒に月見がしたい」、その願いはかないませんでしたが、Tさんと一緒に静かに月を眺めていたあのひとときが、満月を見ると私の胸に蘇ってきます。

≪終の住処≫

短歌がお好きで、これまでにも歌集を出版され、その世界では著名な方だというIさんが、私に一冊の本をくださいました。タイトルは『終の住処』。ここにはIさんの思いがいっぱい詰まっている、そう思うと、表紙を開く自分の背筋が伸びる気がしました。

“住み馴れし自宅売る事を言い聞かす身軽になるまでの苦しみ深く”
“子の無きを言わなくなりし老二人ホームの暮らしの今の幸せ”
“それぞれに事情を背負う老人ととことんつき合う終の住処ぞ”

Iさんは3年前、静かに旅立たれました。認知症の奥様をいたわるように、いつも寄り添い静かに過ごされていたあのお姿が今も浮かんできます。Iさんに代わって私たちが奥様に寄り添い、見守り続けることをお約束します。

≪一番初めにいただいた出会い≫

2004年3月1日、6月オープン予定のハーモニアス谷上はまだ建設の真っ最中でした。この段階で初めて日経新聞に広告を出したのです。そこで初めて問い合わせをいただいたのがTさんでした。「今、施設にいる妻と一緒に暮らせる所を探しています」と、何回かの電話でのやり取りの後、まだ建設中の施設を見に来てくださったのです。足場の悪い工事中の現場をTさんといろいろ話をしながら歩いたことが忘れられません。ご入居第1号となってくださったTさんご夫妻、当時、まだがらんとした施設を気にかけ、私の健康をも気遣ってくださいました。「私達はもう自分の家を捨ててここに来たのだから、ここが私の家なんです。中西さん、頼みますよ」というあのお声が今も聞こえてくるようです。

施設の管理者として、多くのスタッフの指導・配慮にも大変なことが多いと思いますが、特に注意されている点などありますか。

ハーモニアス谷上「超高齢化社会」と言われる現在、だれもが「安心して年をとれない」という不安を抱えています。その不安を安心に変えることができるのは、科学の力ではない、まさに私たち人間の力であり、私達はそのプロなのです。しかし、お一人おひとりの気持ちに寄り添い、安心できる援助を提供することは、実際には精神的にも肉体的にも決してたやすいことではありません。意欲に燃えて介護の仕事についた職員が、この現状の中で疲弊し、挫折するという残念な事例がたくさん見られるのも現実です。

仕事には、スポットの当たる仕事とそうでない仕事があります。けれど、スポットの当たらない仕事がスポットの当たる仕事に劣るということは決してありません。むしろ、人目に付かないところで黙々と地道に取り組む仕事こそ、実に貴いものであり、人の役にたてる仕事だと思うのです。仕事の価値は、どれだけ沢山の賞賛を得られるかより、どれだけ沢山の人の役に立てるかではないかと思っています。私は、この仕事の意義、やりがいを職員に伝え、それが実感できる手立てを常に模索しています。

施設の経営者として、様々な取り組みを想定されていると思いますが、将来的なプランを教えて頂けますか。

社会全体の高齢化が進むとともに、入居者様のニーズが多様化してきています。それに対して、「それはできない」「あれはできない」ということは言っていられません。現状に即した看護、介護を目指し、常に勉強、という気持ちで研鑽を積んでいく必要があります。認知症への対応や看取りについても、お一人お一人の状態をしっかりと受け止めていける力を更につけていかねばなりません。また、皆さんが「ここに来てよかった」「ここにいると楽しい」と言っていただけるためには、皆さんの幅広い御趣味や楽しみに添った活動も充実できるようにしていきたいと考えています。

年齢性別にかかわらず、これから介護の仕事を目指す方も多いと思います。介護の仕事を目指すにおいて必要なことを教えて頂けますでしょうか。

人は誰も年をとる、ということをまず念頭においておくべきでしょう。老いを他人事ととらえ、「気の毒だから助けてあげよう」という思いだけでできることではありません。老いを弱いもの、劣るもの、と感じる気持ちには優越感が潜んでいます。「敬老」=「老を敬う」、人生の先輩を大切に思い、上からではなく同じ高さの目線から、相手の気持ちを酌み取り、寄り添おうとする姿勢こそが、この仕事に携わろうとする人に必要な大切な資質であると思います。介護においては、微分積分や複雑な化学式、といった知識は必要ではありませんが、日々の生活において、常に「考える」ことが求められます。

ハーモニアス谷上高齢の方に起こりがちな危険を察知し回避するには、常に「こうしたらこうなるのではー」と予測し、「それなら、こうしたらいいのでは」という対応策を考える力が必要です。つらい、苦しい、さびしい、悲しい、助けてほしい、そんな思いを伝えることが難しい方もたくさんおられます。言葉にならない心の声にも耳を傾けようとする人、相手をこの世にただ1人のかけがえのない存在として大切に思う気持ちを持ち続けることができる人こそ、この仕事を選んでほしいと思います。そんな大変なことは今の自分には無理、と言う人がいるかもしれません。でも、この仕事の中でこそ、自分自身の人間力が試され、そして磨かれていくのだと思います。たくさんの出会いを通して、私自身大きく世界が広がりました。

最後に施設の利用を考えている方々や施設でのお仕事を検討されている方々にハーモニアス谷上のアピールをお願いします。

以前親御さんが入居してくださっていたご家族が、今度は親戚の方を紹介してくださる、いったん別の施設に移った職員が、もう一度ここで働きたいと戻ってきてくれる、そういう嬉しいことが続いています。小さいけれど温かい、そんな施設を目指してきました。ハーモニアス谷上で大切にしていること、ハーモニアス谷上の職員信条です。

私たちは、
1.皆様の声に、いつでも耳を傾けます。
2.あかるい笑顔とあたたかい言葉をいつも忘れません。
3.誰もがかけがえのない存在として、おひとりお一人を大切にします。

ハーモニアスという言葉は、「なごやかな」とか「調和した」という意味をもっています。
入居者の皆様に、和やかで充実した毎日を送っていただきたいという願いとともに、入居者様、職員のみんなが、ともに手を取り合い和やかで温かな第二の家族、第二の我が家、それがハーモニアス谷上です。

本日はお話頂き誠にありがとうございました。

 

レポスインタビュー一覧を見る

hokkaidotokyomiyagikumamotonigata

 


お客様の立場に立って
ホームページ制作を行います
★★お客様の立場に立ってホームページ制作を行います★★
サービス内容料金プラン

SEO対策ホームページ制作の流れ

月額料金プラン
セルフプラン 月額4,900円
おまかせプラン 月額6,900円
一括支払料金プラン
セミオーダーメイドプラン(レスポンシブデザイン) 98,000円
(税別)
フルオーダーメイドプラン 見積り
30分以内にご連絡致します

30分以内にご連絡致します

30分以内にご連絡致します

0120-195-234

 

関連記事

【池田市 カフェ】ギャラリーカフェぽこあぽこ オーナー 村井恵子氏

interview11-1

平成27年1月21日 15時~ 大阪府池田市栄町3-12 2F ぽこあぽこにて   古民家風の建物と家具との調和がすばらしいです、お客様の評判も良いのでは? この周辺は戦前からの古い建物が多いのですが、この建物も戦前から […]

詳細を見る

【豊中市 通所介護施設】医療法人啓明会 デイサービス金太郎 施設長 河本氏

int7-ic

平成26年11月25日 15時~ 大阪府豊中市 デイサービス金太郎にて                               まずこの施設の特徴を教えて頂けますか? 施設は2001年8月に開所し、地域に根付いた施設 […]

詳細を見る